IR情報

joyunit-top6

投資家情報

当社は、「JOYUNIT=Pioneer」への取り組みを強化し、経営のスピードアップと質の向上に取り組んでいます。当社は、事業に精通した担当役員が、お互いに意見交換することにより、迅速かつ的確な意思決定をしております。

さらに、従業員スタッフの幸せ重視、企業の社会的責任の観点から、経営の「透明性」「客観性」「健全性」を保ち、的確な経営の実現に向け、多面的な視点を持った学識経験者のアドバイスをもとに、取締役会における意思決定及び取締役の職務執行の監督機能を強化しています。

情報開示と透明性については、従業員、株主様をはじめとするあらゆるステークホルダーへの迅速かつ正確な情報開示に努めるとともに、幅広い情報公開により、経営の透明性を高めていきます。

株主の皆さんへ

yuutai01

弊社は日頃の株主様のご支援に感謝し、今後ともより多くの株主様に当社事業へのご理解とご支援をいただけるよう、株主優待制度を設けております。(平成20年5月新設)

対象となる株主様

毎年5月31日現在の株主名簿及び実質株主名簿に記載されている1株以上保有の株主様

優待内容

保有株式数に応じて下表のとおり優待内容を設定しています。

株 数
優 待 内 容
1株以上
バリ島渡航費用 1年間に1回まで1回につき1万円補助。さらに、滞在期間中AYAタクシーご利用20%OFF
5株以上
バリ島渡航費用 1年間に2回まで1回につき1万円補助。さらに、滞在期間中AYAタクシーご利用20%OFF

公開資料

論文発表

掲載日 内容
2014年6月 Liquefaction of Lignocellulosic Biomass in Protonic Solvents
日本エネルギー学会誌 Vol. 93 (2014) No. 6 p. 548-554
Hisakazu SHIRAI, Hirokazu ARIGA, Eika Weihua QIAN
 2013年9月  Effects of Si/Al ratio and Pt loading on Pt/SAPO-11 catalysts in hydroconversion of Jatropha oil
Applied Catalysis A: General, Volume 466, 10 September 2013, Pages 105-115
Ning Chen, Shaofeng Gong, Hisakazu Shirai, Toshitaka Watanabe, Eika W. Qian
2000年10月 Reactions of Tetralin with Tritiated Molecular Hydrogen on Pt/Al2O3, Pd/Al2O3, and Pt−Pd/Al2O3 CatalystsEnergy Fuels, 2000, 14 (6), pp 1205–1211
Weihua Qian, Hisakazu Shirai, Masahiro Ifuku, Atsushi Ishihara, and Toshiaki Kabe

学会発表

発表日 内容
2014年3月 水素存在下での金属担持固体酸触媒によるセルロース水熱液化反応機構の解明
○小川 歩・池田 咲・白井 久一・冨永 弘之・銭 衛華
日本化学会第94春季年会
2013年11月 セルロースから5-ヒドロキシメチルフルフラール転換反応における固体酸触媒の影響
○池田 咲・白井 久一・小川 歩・銭 衛華
第43回石油・石油化学討論会 北九州大会1日目
2013年3月 木質系バイオマスの固体酸水熱糖化
○Kaisaier Kelimu ・ 白井 久一 ・銭 衛華
化学工学会第78年会
2012年8月 水素の存在下におけるセルロース系バイオマスの液化
白井 久一、池田 咲、銭 衛華
第21回日本エネルギー学会大会
 1998年11月 トリチウムトレーサー法を用いた水素化触媒の反応性の評価
白井 久一・井福 正宏・銭 衛華・石原  篤・加部 利明
(第28回石油学会) 創立40周年記念仙台大会

メディア

朝日新聞社発行の【AERA 増刊号 2004 年12/10 号】に当社の取り組みが掲載されました。AERA読者の忙しい三十代四十代に、ちょっとできるかもしれないシンプル、スローな生活を提案するコンセプトで発行されたものです。
aera041210
AERA 増刊号 2004 年12/10 号

fujisan.co.jpへ